読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お宝情報探検家

気になった情報を掘り下げていこうと思います!

3つのスーパーオイルで健康になろう!

こんにちは!

 

ちょっと遡りますが、9月24日放送の世界一受けたい授業よりご紹介!

 

 

特に女性の方は「油」をダイエットの大敵と思って敬遠されているかもしれませんが、正しい油を選択して適切な使い方をすれば、健康に良いんです!

 

f:id:hanix:20161124210132j:plain

 

徳島大学の油博士、佐田政隆先生がオススメする3つのスーパーオイル。

 

まず1つめは・・・

「米油」

 玄米から白米を精製する時に作られる「米ぬか」を原料につくられた油です。

今では、スーパーでも普通に売られている米油ですが、天ぷらなどの揚げ物に使用すると油っこくなくサックリと揚がるそうです。

 

オススメポイント:

スーパービタミンEが豊富!

 通常のビタミンEの40~60倍の抗酸化力を持っている。体内の悪玉コレステロールを退治し、老化予防の効果も期待できるとか。

さらに・・・

自律神経の働きを調整する効果があり、「倦怠感」「不眠」などの改善が期待できるそうです。

 

 

続いては・・・

「えごま油」

しそ科の植物「えごまの種」からつくられた油です。

 

オススメポイント:

必須脂肪酸のひとつである、オメガ3系の油!

人の体内では作ることができず、現代人が不足している脂肪酸なのです。

オメガ3の一つである、αーリノレン酸の含有量は、ごま油(0.3%)やオリーブオイル(0.6%)とに対して、えごま油はなんと!60%と圧倒的に多いです。

たった小さじ1杯で人間の1日の摂取量をとることができます。

その効果は、血液の流れが良くなり「動脈硬化」の予防や「美肌効果」「老化予防」も期待できるそうです。

 

ただし「えごま油」を代表とする「オメガ3系の油」は熱してしまうと、せっかくの効果が台無しになってしまうので、調理温度が160℃以上になる「フライ」「天ぷら」に使う事はぜったいにNGです!

 

 

そして3つ目は・・・

マカダミアナッツオイル

その名のとおり、マカダミアナッツから作った油です。

 

オススメポイント:

一般的な価格は、約1200円(180g)と少し高価ですが、他の植物油にはほとんど含まれていない「パルミトレイン酸」という成分が「糖尿病」の予防に効果的なんだそうです。

 さらに限られた栄養素しか通さない脳の血管にも「パルミトレイン酸」は入る込める為、脳の血管を丈夫にし「脳卒中」を防ぐ効果が期待できます!

そして、マカダミアナッツオイルは糖質が0なのに甘さが感じられるそうです。 

 バターの代わりにパンに塗ったり、デザートなんかにも合うかも。

 

 

最後に・・・

「どんな油でも料理で使うときにしてはいけないのが、酸化した油を使う事です!」

油も腐るのです。

きちんとラベルに書かれている期限を守ってつかってくださいね~!

酸化した油をとり続けると、血管壁に参加した油が蓄積され血液の通り道を狭くし「高血圧」の原因にもなります!!

最悪の場合「動脈硬化」や「脳卒中」などをまねく原因となります・・・

 

 

ランキング参加中!ぽちっとお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

健康と医療(全般) ブログランキングへ